野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

才木浩人(阪神)の彼女や姉は?変化球や球速は?高校時代も調査

才木浩人(阪神)の彼女や姉は?変化球や球速は?高校時代も調査

8月に入り2018年シーズンも勝負の夏を迎えています。

現在(8/1時点)セリーグは首位広島カープが圧倒的な強さで2位巨人と10.5ゲーム差を付け、その後を東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、阪神タイガースの順番で追う展開となっており、2位から最下位までは2.5ゲーム差の中でひしめき合っています。

これだけ2位以下が混戦だと正直どのチームにもAクラス入りのチャンスがあるだけにこれからの一戦一戦まったく気の抜けない戦いが続きますね。

そんな中後半戦が始まってから8月1日まで4勝10敗と大きく負け越し、ついには最下位まで順位を落としてしまった阪神タイガースに注目していきたいと思います。

今季の阪神は右の長距離砲として獲得した新外国人のロサリオ選手が思いのほか成績が振るわず、またシーズン序盤から打撃好調だった上本博紀選手の怪我による長期離脱と想定外の出来事が多く、北條史也選手や大山悠輔選手、中谷将大選手ら期待の若手もスタメンに定着するとまでとはいかず、福留選手や糸井選手らベテラン勢に頼らざるを得ない状況となっています。

しかし今季は陽川尚将選手や植田海選手のような若手も出てきており、シーズン途中に加入したナバーロ選手も活躍を続けています。

また投手陣においてはメッセンジャー投手がすでに10勝と抜群の安定感を見せ、ここまで防御率1点台の藤川投手や前半結果の出なかった能見投手も中継ぎという新たなポジションで活躍の場を見出す等、ここでもベテラン勢の活躍が目立っています。

しかしもちろん若手も負けてはおらず、フレッシュオールスターで圧巻のピッチングを見せた望月惇志投手や才木浩人投手等、将来性豊かな若手投手も出てきています。

そこで今回は高卒2年目ながら先発を任される19歳右腕の才木浩人投手を紹介していきます。

スポンサーリンク

才木浩人(阪神)投手のプロフィール

生年月日:1998年11月7日(19歳)
出身地:兵庫県
身長:187センチ
体重:79キロ
右投右打
投手

才木浩人(阪神)投手のこれまでの成績は?

2016年のドラフト会議で阪神タイガースから3位指名でプロ入りすると、シーズン前半は二軍公式戦を主戦場とし、この年は14試合55回1/3イニングに登板すると1勝5敗/防御率4.88という成績を残します。

そしてシーズン後半の10月5日の中日ドラゴンズ戦でリリーフとして一軍初登板のマウンドに上がると、1回無失点と上々のデビューを果たし、この年は2試合2回2/3イニングを無失点で切り抜けます。

今季2018年は一軍春季キャンプに帯同する等、高卒2年目ながら周囲からの期待も高く5月20日の中日ドラゴンズ戦ではプロ初先発を果たします。

しかしこの試合では5回12安打5失点という内容で敗戦投手となり、プロ初先発を勝利で飾ることはできなかったものの、続く5月27日の巨人戦では6回2安打無失点と見事リベンジを果たしプロ初勝利を飾ります。

その後も登板は続き、今季はここまで9試合に登板し37回1/3イニングを投げ、3勝4敗1ホールド/39奪三振/防御率4.34を記録しています。

高卒2年目ながらここまで3勝を挙げるとは、将来が楽しみでしょうがないですね。
このまま順調に成長して、阪神のエース、さらには球界を代表するようなピッチャーとして活躍していってほしいです。

才木浩人(阪神)投手の彼女の噂は?姉はいる?

ではここで才木投手の恋愛事情や家族等、プライベートな部分も紹介していきます。

まず才木投手の家族についてですが、家族の中でもよく検索されているのがお母さんとお兄さんで、お母さんはハンドボールで日本代表に選出されるほどの選手だったそうでお兄さんは上武大学で野球部に所属していたほどのスポーツ一家だそうです。

さすがはプロ野球選手の家族といったところで皆さん運動能力が高いんでしょうね。

そしてお母さんやお兄さんだけでなく最近はどうやらお姉さんもよく検索されているようです。
しかしお姉さんに関しての情報は全くなくいるのかどうかもわかりませんでした。
なぜ姉というワードで検索が増えたのか謎です。

そして彼女の噂ですが、今のところ才木投手の彼女に関する情報はありませんでした。
まだ19歳の若手なので今は野球に集中してるかもしれませんね。

また情報があれば追記していきます。

スポンサーリンク

才木浩人(阪神)投手の変化球の球種や球速は?

才木投手の特徴といえばなんといっても最速152キロのストレートで変化球はカーブ、スライダー、フォークを投げ分けます。

決め球はフォークが多く、ほとんどの試合でイニング以上の三振を奪うほど三振率も非常に高い成績を記録しています。

才木浩人(阪神)投手の高校時代や出身中学は?

才木投手の出身中学は地元神戸の神戸市立王塚台中学校というところで軟式野球部に所属していたそうです。

その後須磨翔風高校へ進学すると2年生の頃からエースナンバーを背負い、春、夏の県大会で好投を見せると一躍プロのスカウトの目に止まります。

3年最後の夏は名門・報徳学園に2回戦で敗れ甲子園出場はならなかったものの、140キロ後半の直球と確かな制球力を武器に本格右腕として国内外12球団から注目を集めるまでに成長します。

甲子園出場なしでここまで注目を集めるのは相当な逸材だったということがわかりますね。

才木浩人投手に関する記事一覧

才木浩人投手のまとめ

今回は阪神タイガースの才木浩人投手を紹介してきました。

高卒2年目の19歳ながらここまで3勝とこれからが本当に楽しみな選手ですね。
阪神タイガースという人気チームがゆえに何かと注目度も高く、良い時だけではな、時には厳しい意見もあるとは思いますが、長く阪神で活躍して球界を代表するような投手になってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。