野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

小園海斗の彼女は?ドラフト進路は阪神か巨人?藤原恭大との関係も

小園海斗の彼女は?ドラフト進路は阪神か巨人?藤原恭大との関係も

8月5日から始まった第100回全国高校野球選手権記念大会も現在(8/15)2回戦が行われており、全国からの代表校56校全てが登場しました。

今年も大阪桐蔭高校の根尾昂選手や藤原恭大選手、金足農業高校の吉田輝星投手等、プロ注目のスター選手の活躍や済美高校vs星稜高校戦のようなタイブレーク逆転サヨナラ満塁ホームランという記憶にも記録にも残る名勝負が生まれる等、連日見どころ満載の試合が続いています。

これからベスト16、ベスト8とますます盛り上がっていくと思うので、この先もこれまで以上の震えるような試合を期待したいですね。

そこで今回紹介する選手は、初戦の福島の聖光学園高校に勝利し、8月16日には愛知の強豪、愛工大名電高校とベスト8進出を掛けた試合を控える報徳学園の小園海斗(こぞのかいと)選手を紹介していきます。

小園選手も根尾選手や藤原選手同様早くからドラフト候補として注目されており、今大会でもその実力を存分に見せています。

それでは小園選手のプロフィールから紹介していきます。

スポンサーリンク

小園海斗(報徳学園)選手のプロフィールは?

生年月日:2000年6月7日(18歳)
出身地:兵庫県
身長:178センチ
体重:73キロ
右投左打
内野手

小園海斗(報徳学園)選手の甲子園の成績は?

報徳学園高校では1年春からベンチ入りを果たし、春季兵庫大会では1番遊撃手でスタメン出場する等、チームの準優勝に大きく貢献し、早くから主力として活躍していきます。

そして2年春の選抜に1番遊撃手として甲子園に出場すると、初戦の多治見高校戦で5打数2安打3打点1本塁打と鮮烈な甲子園デビューを果たし、準決勝で履正社高校に敗れはしたものの、この試合でも5打数4安打1打点と活躍し、この大会で28打数9安打5打点1本塁打/打率500と2年生ながら強烈なインパクトを残し、甲子園を後にしました。

続く夏の兵庫大会では3番遊撃手で全6試合に出場すると、準決勝の神戸国際大学付属高校に1対2で惜しくも敗れ、2季連続での甲子園出場を逃します。
またこの大会では24打数7安打6打点1本塁打という成績を残します。

その後行われた、U-18ワールドカップでは2年生ながら日本代表に選出され、9試合に出場すると37打数14安打5打点/打率378という好成績を残しています。

そして今年、夏の東兵庫県大会で全6試合に出場し、21打数7安打3打点1本塁打/打率333の活躍で甲子園出場を果たすと、初戦の聖光学院高校戦で4打数3安打3二塁打と自身2度目の甲子園で躍動し続けています。

次の愛工大名電高校戦でもどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

小園海斗(報徳学園)選手の彼女の噂は?

1年からチームのレギュラーに抜擢され、2年では甲子園でヒーローとなった小園選手ですが、プライベート、特に恋愛事情はどうなっているのでしょうか。

そこで今回小園選手の彼女の噂を調べてみましたが、何の情報も出てきませんでした。

まあ報徳学園は男子校ですし、これほどの強豪校なら日々練習漬けで恋愛どころではないかもしれないですね。

そして本人もプロを目指して、今は野球だけに集中しているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

小園海斗(報徳学園)選手のドラフト進路は阪神?巨人?中日もある?

走攻守揃った野手としてプロからも注目を集める小園選手ですが、先日の1回戦で3本の二塁打を放つ等、攻守での活躍にプロのスカウト陣も「格が違う」と絶賛していましたね。

もちろん早くからドラフト上位候補として名前が挙がっていましたが、この評価の高さならドラ1で指名される可能性もあるので、同じ遊撃手の大阪桐蔭の根尾選手とどっちを上位に指名するのか悩むところでしょうね。

今のところ12球団すべてが小園選手に対しコメントを残していますが、有力なのはやはり地元阪神タイガースが名乗りを挙げそうです。

そして巨人もその守備力の高さを評価しており、中日ドラゴンズもかつての名手・立浪和義選手のようだと絶賛しています。

今年はこの他に大阪桐蔭の藤原恭大選手等、野手を中心にプロ注目の選手が多いので秋のドラフトではどのチームが誰を指名するのか非常に楽しみです。

小園海斗(報徳学園)選手の出身中学は?藤原恭大選手との関係は?

小園選手の出身中学は宝塚市立光ガ丘中学校というところで、中学時代は枚方ボーイズに所属していたそうです。

そしてこの枚方ボーイズではなんと大阪桐蔭高校の藤原恭大選手も所属しており、中学時代は同じチームで切磋琢磨していたそうです。

中学卒業後はそれぞれ違う高校に入り、かつてのチームメイトから今度はライバルとして甲子園で対戦できるかもしれないので、両校にはぜひとも勝ち上がっていってほしいですね。

そんな藤原選手もいた枚方ボーイズですが、小園選手が中学3年の春季大会で全国制覇をしているそうです。

まあこの二人がいるチームなので強いのも頷けますよね。

小園海斗選手に関する記事一覧

小園海斗選手のまとめ

超高校級の野手として早くから注目を集めていた小園選手ですが、今大会でも前評判通りその実力を存分に発揮していますね。

プロ志望届を出せばほぼ間違いなくドラフト上位指名になるでしょうし、もしかしたら再び藤原恭大選手と同じチームになることもあるかもしれません。

今秋のドラフト会議に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。