野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

北村恵吾(近江)はドラフト候補?評価は?出身中学や父母も調査

北村恵吾(近江)はドラフト候補?評価は?出身中学や父母も調査

第100回全国高校野球選手権大会も17日、いよいよベスト8が出揃い、夏の甲子園も残すところあと3日となりました。

ここまで勝ち残った高校は日大三高や浦和学院の関東勢、済美高校、下関国際高校等の中国、四国勢、そして近畿からは大阪桐蔭高校、報徳学園、近江高校と3校勝ち残っています。

そしてもう一校は今大会もっとも注目を浴び、公立校の星と言われる秋田の金足農業高校です。

特に大会No1投手の呼び声も高い吉田輝星投手の注目度はとてつもなく、登板する日はツイッターのトレンドにも名前が挙がるほどのスター選手となっています。

東北に初の優勝旗を持って帰れるのか注目が集まりますが、次戦の近江高校も強打を誇るチームで滋賀県勢初の全国制覇が掛かっています。

近江打線が吉田投手を攻略出来るのか、それとも強打の近江打線をねじ伏せるのか目が離せない戦いとなりそうです。

そこで今回はこの試合で打のキーマンとなりそうな選手を紹介していきたいと思います。

その選手は今大会すでに2本塁打と当たりに当たってる近江高校の北村恵吾選手です。
プロ注目のスラッガーと同じくプロ注目の大会No1投手の対戦に準々決勝も大いに盛り上がるでしょうね。

それでは北村選手のプロフィールから紹介していきます。

スポンサーリンク

北村恵吾(近江高校)選手のプロフィール

生年月日:2000年12月18日(17歳)
出身地:岐阜県
身長:183センチ
体重:85キロ
右投右打
三塁手

北村恵吾(近江高校)選手の甲子園での成績は?通算本塁打は?

近江高校入学では1年生からベンチ入りを果たし、この年の夏の県予選に出場すると3回戦の安雲川高校戦で満塁ホームランを含む4打数4安打7打点1本塁打を記録します。
その後も4番を任される等、決勝まで出場を続け、チームの甲子園出場に大きく貢献します。

甲子園では初戦の常総学園に敗れはしたものの、4打数1安打と甲子園初ヒットも生まれ、1年生ながら大きな注目を集めていきます。

翌2年生の2017年は秋季近畿大会に出場し、準決勝の大阪桐蔭高校戦を含む3試合全てで安打を放ち、10打数4安打1打点という結果を残すと3年、春のセンバツで2度目の甲子園で2試合に出場し、7打数3安打1打点と結果を残します。

そして高校最後の夏、滋賀県大会で全5試合に出場し、15打数8安打12打点/打率533という好成績を残すと自身3度目の甲子園出場を果たします。

甲子園では初戦の優勝候補の一角、智弁和歌山戦で2打席目と4打席目で2本の本塁打を放つ大活躍で初戦を突破すると、2回戦の前橋育英戦でも5打数2安打1打点と活躍します。

続く3回戦の常葉菊川戦でも4打数4安打6打点と圧巻の存在感を見せ、ここまで13打数8安打11打点2本塁打/打率615と驚異の数字を残し、この甲子園で2本の本塁打を放ったことから現時点(8/17)で高校通算本塁打は44本となっています。

ここまで主砲としてチームをベスト8まで導き、次は今大会の台風の目となりつつある、吉田輝星投手擁する金足農業高校との一戦です。
大会No1投手が抑えるのか、それともプロ注目のスラッガーが打ち勝つのか、準々決勝に注目です。

スポンサーリンク

北村恵吾(近江高校)選手はドラフト候補?評価は?

1年の頃から甲子園に出場をする等、早くから注目集める北村選手ですが、もちろん超高校級スラッガーとしてドラフト候補の一人でもあります。
また自身もすでにプロ志望の意思を固めているという情報なので、益々注目度が上がりそうです。

スカウトからも長打力、ミート力の高さを絶賛され、今大会でもその評価通りの活躍を見せています。
三塁手でここまでの打力を誇る選手は高校生ではなかなかいないでしょうし、もちろんプロでも貴重な選手となりそうです。

今のところ地元の中日ドラゴンズが最も注目しているようですが、甲子園でここまでの活躍を見せられると一躍ドラフト1位候補に躍り出ても不思議ではないですね。
今秋のドラフト会議が楽しみですね。

北村恵吾(近江高校)選手の出身中学は?

北村選手の出身中学は地元・岐阜県の大垣北中学校で中学時代は西濃ボーイズに所属していたそうです。
西濃ボーイズ時代を調べてみたところ、全国出場の経験はありませんでしたが、県選抜で大阪桐蔭高校の根尾昂選手とチームメイトになっています。

この二人が対戦するには決勝に進むしかないので、お互い頑張ってほしいですね。

北村恵吾(近江高校)選手の父や母は?兄弟はいる?

北村選手のご家族ですが、父・哲也さんということはわかりましたがお母さんや兄弟のことについてはわかりませんでした。
ここまでの選手なら両親もアスリートだったということが多いのですが、北村選手は普通の家庭で育ったのかもしれないですね。

また情報があれば追記していきます。

北村恵吾選手に関する記事一覧

北村恵吾選手のまとめ

今回はプロ注目のスラッガー・近江高校の北村恵吾選手を紹介してきました。

今大会では初戦からいきなり2本塁打とまさにチームの4番に相応しい活躍を続けています。
これからますます厳しい戦いが続きますが、北村選手のその日の調子がチーム勝敗に大きく影響しそうです。

甲子園での活躍はもちろん、その後に開催されるU-18W杯では日本代表に選出されるのか、そして秋のドラフトでは指名されるのか今後の北村選手から目が離せないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。