野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

奈良間大己(菊川)のドラフト進路や守備の評価は?出身中学や彼女も

奈良間大己(菊川)のドラフト進路や守備の評価は?出身中学や彼女も

2018年の夏の甲子園は大阪桐蔭高校の史上初となる2度目の春夏連覇で幕を閉じ、記念すべき100回大会に相応しい盛り上がりを見せてくれました。

特に印象的だったのは開幕試合となった石川県代表の星稜高校vs大分県代表の藤蔭高校では運命の巡り合わせかあの元星稜高校の松井秀喜氏がレジェンド始球式で登場し、その星稜高校が2回戦で対戦した愛媛県代表の済美高校戦ではタイブレークサヨナラ満塁本塁打が飛び出し、準々決勝の秋田代表の金足農業高校vs滋賀県代表の近江高校ではサヨナラツーランスクイズが飛び出す等、今年だけでも数多くの名勝負が生まれました。

そしてこの夏の甲子園の興奮冷めやらぬ中、大会終了後U18日本代表が選出され、今度は味方としてU18アジア選手権に挑みます。

現時点での高校球児ベストメンバーが選ばれるとあってメンバーには優勝校の大阪桐蔭から根尾昂選手、藤原恭大選手、柿木蓮投手、今大会最も注目を集めた金足農業の吉田輝星投手、報徳学園の小園海斗選手等、ドラフト上位候補達がズラっと名を連ねています。

まさに高校生のドリームチームとなったU18侍ジャパンですが、今回はそのメンバーの中から根尾選手や小園選手と同じく遊撃手で選出された静岡県代表の常葉大菊川高校の奈良間大己(ならまたいき)選手に注目していきたいと思います。

ここでは奈良間選手のドラフト進路や打撃守備の評価、そして驚異の打率を残した地方大会の成績や甲子園の成績に出身中学や彼女の噂についても紹介しています。

スポンサーリンク

奈良間大己(常葉大菊川)選手のプロフィール

生年月日:2000年5月8日(18歳)
出身地:静岡県
身長:169センチ
体重:63キロ
右投右打
遊撃手

奈良間大己(常葉大菊川)選手の地方大会と甲子園の打率や成績は?

常葉大菊川高校に入学後、1年秋からレギュラーに抜擢されます。

3年まで甲子園出場はなかったものの、3年最後の夏の地方大会で決勝までの全6試合に出場すると、22打数18安打2本塁打の打率818という驚異的な数字を残します。

ちなみにこの打率は100回大会に出場した選手の中でトップの打率だそうです。

そして甲子園でも好調は続き1回戦の増田東高校戦では5打数2安打1本塁打と大舞台での勝負強さを見せ、2回戦の日南学園高校戦でも4打数1安打と結果を残します。

続く3回戦で滋賀県代表の近江高校に敗れはしたものの、4打数1安打とい結果を残します。

甲子園全3試合を1番遊撃手で出場し、13打数4安打2打点1本塁打/打率308という好成績を残します。

地方大会は8割、甲子園でも3割を超える打率でチームのリードオフマンを担い、U18アジア選手権での活躍も期待される奈良間選手ですが、侍ジャパンではどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

ポジションは先日の大学日本代表戦でセカンドだったので本番もショート小園選手、セカンド奈良間選手になるかもしれないですが、超高校級同士の二遊間なので安心ですね。

奈良間大己(常葉大菊川)選手のドラフト進路や守備の評価は?

今年の高校生野手は大阪桐蔭の根尾昂選手や報徳学園の小園海斗選手等、遊撃手の注目選手が多く奈良間選手もプロ注目選手の一人です。

奈良間選手もドラフト候補の一人に挙げられそうですが、現時点での情報は進学志望と言われています。

もしプロ志望届を出せば、スカウトからも野球センスの高さや堅実な守備力を評価されているので、上位でなくても指名の可能性は十分あると思いますが、こればっかりは本人の気持ち次第なのでなんとも言えないですね。

ただ9月から始まるU18日本代表に奈良間選手も選出されているので、チームメイトの根尾選手や藤原選手と過ごすうちに次第にプロへと気持ちが変わっていくかもしれないですね。

今秋のドラフト会議に注目です。

スポンサーリンク

奈良間大己(常葉大菊川)選手の出身中学は?

奈良間大己選手の出身中学は菊川市立菊川西中学校というところです。

中学時代は小笠浜岡シニアというクラブチームで当時はキャッチャーとしてプレーしていたそうです。

クラブチームでの主な成績はわかりませんでしたが、この当時はキャッチャーだったというのは驚きですね。

奈良間大己(常葉大菊川)選手の彼女の噂は?

今年は甲子園に出場し、U18侍ジャパンにも選出された奈良間選手は学校でもヒーローでしょうね。

そんな奈良間選手の彼女の存在が気になるところですが、ネットやSNSでは今のところ彼女の噂はありません。

今は野球に忙しく彼女を作る暇もないのかもしれないですね。
また彼女の情報があれば追記していきます。

奈良間大己選手に関する記事一覧

奈良間大己選手のまとめ

今回は今年の甲子園に出場し、続く9月に開催されるU18アジア選手権に日本代表として出場する常葉大菊川高校の奈良間大己選手を紹介してきました。

奈良間選手の進路は今のところ進学希望だそうですが、地方大会での8割を超える打率や甲子園での活躍を見ていると早くプロでのプレーを見てみたいですね。

今年の高校生は奈良間選手を含む、根尾選手や藤原選手、吉田投手等、将来有望な選手が多いので今後の活躍が非常に楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。