野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

松本航(日体大)の出身中学や高校は?ドラフト評価や成績も調査

松本航(日体大)の出身中学や高校は?ドラフト評価や成績も調査

9月に入り2018年シーズンも終盤を迎えており、これからクライマックスシリーズ、日本シリーズへと続いていきます。

この時期はプロ野球が一番盛り上がる時期ではありますが、野球ファンにとってはその後に行われるドラフト会議も気になるところですよね。

中でも今年は高校生を中心に注目選手が集まっており、2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校の根尾昂、藤原恭大選手、報徳学園の小園海斗選手、そして公立高校ながらチームを準優勝に導いた金足農業の吉田輝星投手はドラフト上位候補どころか1位で消えるのではとまで言われています。

そんな高校生に目玉選手が集中する中、もちろん大学生や社会人野球からもドラフト候補は多数おり、どちらかというと素材型の高校生に比べて、大学生や社会人は即戦力としての期待が掛かります。

2017年のドラフト選手で言えば、横浜DeNAベイスターズの東克樹投手や神里和毅選手、オリックス・バファローズの田島大樹投手、千葉ロッテマリーンズの藤岡裕大選手らが1年目から先発ローテやスタメン等に名を連ねています。

そして今年も即戦力となりそうな選手が大学生や社会人に多数おり、今回は日体大の松本航投手を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

松本航(日体大)投手のプロフィール

生年月日:1996年11月28日(21歳)
出身地:兵庫県
身長:176センチ
体重:83キロ
右投右打
投手

松本航(日体大)投手の大学時代の成績は?

首都大学リーグに所属する日本体育大学では1年の春からリーグ戦に出場すると、1年の春夏のリーグで13試合70回/6勝3敗/9失点/奪三振66/防御率1.15という好成績を残します。

続く2年生の成績も春9試合6勝2敗、秋9試合4勝4敗という抜群の成績をマークすると春のリーグでMVPと最優秀投手に選出される等、注目を集めます。

翌2017年の3年生の時には秋のリーグで6試合3勝1敗/防御率0.77で防御率リーグトップを獲得し、チームのリーグ優勝の原動力となります。

その後行われた関東地区大学選手権大会では準決勝の国際武道大学戦に先発すると、9回完封勝利の活躍でチームを全国へと導きます。
そして全国大会の明治神宮大会でも初戦の九州共立大学戦で6回1安打1失点と好投し、続く準決勝の東洋大学戦で9回4安打9奪三振で完封勝利を果たす等、チームの37年ぶり2度目の全国制覇に大きく貢献します。

さらに4年生でも活躍は続き、春のリーグで8試合4勝3敗/奪三振57/防御率1.18という好成績をマークすると、秋のリーグではここまで2試合1勝1敗/防御率1.80という成績を残しています。

また国際大会の経験も豊富で3年生のときには侍ジャパンの一員として日米大学野球選手権とユニバーシアードに出場し、4年生の時には2年連続で日米大学野球選手権に出場すると、第二戦で7回3安打16奪三振無失点の圧巻のピッチングを見せます。

なお9/9現在での大学通算成績は54試合350回2/3イニング/26勝17敗/防御率1.61という成績となっています。

スポンサーリンク

松本航(日体大)投手のドラフト進路や評価は?

現時点では松本航投手がプロ志望届を提出したという情報はありませんが、ほぼ間違いなく提出はするでしょうね。

松本投手の大きな特徴は最速154キロの直球とカーブ・スライダー・スプリット等、豊富な変化球も持っており、12球団すべてのスカウトが注目するほどの好投手です。

もちろんドラフト1位候補であり、中でも巨人やヤクルトからの評価が高いですが、大学卒の即戦力投手はどの球団も欲しいと思うので、特に投手陣の台所事情が苦しい球団はどこも欲しいでしょうね。

今年は上位候補の選手が多く1位指名が分散する可能性が高いので、松本投手を1位指名した球団がそのまま単独指名となるかもしれません。
10月25日、運命のドラフト会議でどの球団が指名するのか注目です。

松本航(日体大)投手の出身中学や高校時代は?

松本投手の出身中学は地元兵庫県朝来市の朝来市立梁瀬中学校というところで、学校の軟式野球部に所属していたそうです。
中学時代からすでに全国大会を経験していることから、この頃からかなりのプレイヤーだったというのがわかりますね。

高校は明石商業高校へ進学すると、1年生の時からベンチ入りを果たします。
そして2年生の時にチームのエースを託させると、夏の予選ではベスト8に輝く等、徐々に頭角を現すと3年最後の夏には4回戦の明石高専戦で20奪三振を記録する等、チームはベスト8で敗れるものの、プロのスカウトからも注目される投手となります。

しかし高校からプロ入りはせず、首都大学リーグの日本体育大学への進学を選択します。

松本航投手に関する記事一覧

松本航投手のまとめ

今回は大学生のドラフト上位候補から日本体育大学の松本航投手を紹介してきました。

今年のドラフトは根尾昂選手や藤原恭大選手等の高校生が大きな注目を集めていますが、やはり即戦力という意味では大学生や社会人野球からの選手のほうが多いでしょうね。

その中でも大学No1投手の呼び声が高い松本投手には、1位競合の可能性もあります。
どの球団が何巡目で松本投手を指名するのか、秋のドラフト会議の行方が気になりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。