野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

日本ハムの2018・2019補強は?新外国人やFAにドラフトも

日本ハムの2018・2019補強は?新外国人やFAにドラフトも

2018年シーズンはリーグ2位の福岡ソフトバンクホークスがセリーグの覇者広島カープを降し、2年連続日本一に輝きました。

今年もパリーグの強さが際立った印象ですが、先日のドラフト会議でも今年の顔だった根尾昂選手と小園海斗選手はそれぞれ中日ドラゴンズと広島カープが交渉権を獲得したものの、千葉ロッテマリーンズが藤原恭大選手、北海道日本ハムファイターズが今夏の甲子園の主役、吉田輝星投手の交渉権を獲得する等、今年だけでなくここ数年のドラフト指名選手を見てもパリーグにスター選手が多く入団していますよね。

中でも北海道日本ハムファイターズはこれまで中田翔選手、ダルビッシュ有投手、大谷翔平選手、清宮幸太郎選手と、その年のドラフトの目玉と言われた選手を次々と獲得、そして育成にも成功し、日本球界のみならず世界へと羽ばたく選手を輩出しています。

そこで今回は北海道日本ハムファイターズの2018年オフから2019年シーズンに掛けて、新外国人選手やFA移籍での補強状況等、予想を交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

日本ハムファイターズの2018・2019年の新外国人補強

11/5現在:新外国人の獲得情報はありません。

12/11現在の獲得状況

王柏融(ワン・ボーロン)選手

年齢:25歳
出身地:台湾
身長:182センチ
体重:85キロ
右投左打
外野手

北海道日本ハムファイターズは12/7、台湾プロ野球のラミゴ・モンキーズに所属する王柏融選手の獲得を発表しました。

王選手は2016年、17年に打率4割を超えるアベレージを記録したヒットメーカーです。
台湾プロ野球屈指の強打者がどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

ジャスティン・ハンコック投手

年齢:28歳
出身地:アメリカ
身長:193センチ
体重:83キロ
右投右打
投手

北海道日本ハムファイターズは12/5今季カブスでプレーしたジャスティン・ハンコック投手の獲得を発表しました。

ハンコック投手は今季メジャーで10試合に登板し、防御率1.46という成績を残しています。
最速158キロの直球とキレのあるスライダーが持ち味というハンコック投手がどのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

それでは今季の外国人選手の成績や来季の去就についての情報を紹介していきます。

ブランドン・レアード選手
2018年成績:120試合450打数105安打/打率233/本塁打26/打点65

すしパフォーマンスでお馴染みのレアード選手ですが、来季の去就は微妙なところだそうです。

日ハムファンからも愛されているので、交渉が上手くいって残ってほしいですね。

オズワルド・アルシア選手
2018年成績:89試合284打数63安打/打率222/本塁打14/打点43

今季1年目のアルシア選手ですが、1億3000万という年俸でこの成績は少し厳しいかもしれないですね。

報道でも今季限りでの退団が濃厚だと伝えています。

マイケル・トンキン投手
2018年成績:53試合51イニング/4勝4敗12セーブ20ホールド/防御率3.71/奪三振33

今季はチームの守護神としても活躍したトンキン投手はすでに2年契約を結んでいるので来季も日ハムでプレーすると思います。

※追記:今季限りでの退団が決定

ニック・マルティネス投手
2018年成績:25試合161回2/3イニング/10勝11敗/防御率3.51/奪三振93

1年目からチーム2位の10勝をマークし、期待通りの活躍を見せてくれました。
あとは負け数を一つでも減らしてくれれば先発の柱として長く活躍してくれそうです。

来季も残留になりそうなので、さらなる活躍を期待したいですね。

ブライアン・ロドリゲス投手
2018年成績:9試合37回2/3イニング/3勝2敗/防御率5.26/奪三振23

今季開幕投手を果たしたものの、勝ち星に恵まれず、二軍降格も経験します。
しかしシーズン後半から一軍に復帰すると3勝を果たす活躍を見せ、来季への望みをつなげます。

今のところ残留濃厚となっているので、来季に期待ですね。

日本ハムファイターズの2018・2019年の新外国人補強予想は?

現時点での情報は、投手は全員残留、野手はアルシア選手が退団、レアード選手の去就が微妙といったところですね。

そうなるとオフの補強は野手中心となり、しかも2人は欲しいところかもしれないですね。

レアード選手には残留してほしいですが、阪神も獲得に興味を持っているという情報もあるので目が離せないですね。

スポンサーリンク

日本ハムファイターズの2018・2019年のFA移籍

11/5現在FAでの獲得情報はありません。

今オフ権利の行使が最も注目された、広島カープの丸選手、埼玉西武ライオンズの浅村選手、オリックス・バファローズの西投手の3名は先日正式にFA権の行使を表明しました。

3選手にはそれぞれ巨人や阪神、福岡ソフトバンクホークス等が獲得に動くと見られており、激しい争奪戦が予想されます。

どのチームが3選手の交渉のテーブルに付くのかストーブリーグから目が離さないですね。

日本ハムファイターズの2018・2019年のFA移籍予想は?

FA宣言をした選手を獲得するというイメージのない日本ハムは今回も獲得に動くことはないでしょうね。

獲得はないにしても、気になるのは今季海外FA権を取得した中田翔選手ですね。
昨オフは権利の行使をすることはなかったですが、今オフの去就に再び注目が集まりそうです。

日本ハムファイターズの2018年のドラフト指名選手

  • 1位:吉田輝星/金足農業高校
    投手
  • 2位:野村祐希/花咲徳栄高校
    内野手
  • 3位:生田目翼/日本通運
    投手
  • 4位:万波中世/横浜高校
    外野手
  • 5位:柿木蓮/大阪桐蔭高校
    投手
  • 6位:田宮裕涼/成田高校
    捕手
  • 7位:福田俊/星槎道都大学
    投手
  • 育成1位:海老原一佳/BC富山
    外野手

日本ハムファイターズの2018・2019補強は?新外国人やFAとドラフトもに関する記事一覧

日本ハムファイターズの2018・2019補強は?新外国人やFAとドラフトものまとめ

今回は北海道日本ハムファイターズの2018年オフから2019年シーズン開始までの補強情報を紹介してきました。

ドラフトでは1位指名の大阪桐蔭の根尾選手を抽選で外したものの、2回目で今夏の甲子園の主役だった吉田投手を単独指名で交渉権を獲得するのはさすがとしか言いようがありませんね。

そして3位指名には社会人野球で活躍し即戦力として期待のかかる生田目投手、5位指名には甲子園優勝投手の柿木投手等、これからが楽しみな選手ばかりとなっています。

来季日本ハムがどこまで巻き返せるのか注目です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。