野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

オリックスの2018・2019補強は?新外国人やFAにドラフトも

オリックスの2018・2019補強は?新外国人やFAにドラフトも

2018年のオリックス・バファローズはドラ1ルーキーの田嶋大樹投手が6勝をマークし、2年目の山本由伸投手がセットアッパーとして32ホールドをマークする等、若手の台頭が目立ち、来季からのさらなる活躍に期待がかかりますが、一方で今シーズンの勝ち頭だったエース・西勇輝投手がFA権を行使し他球団へ移籍することが確実視されており、さらには金子千尋投手も先日自由契約となりました。

この二人が抜けるとなると来季は相当厳しい台所事情となりそうなので、現戦力の底上げはもちろんのこと、オフの補強が非常に重要になってきそうですね。

そこで今回はオリックス・バファローズの2018年オフから2019年シーズンスタートまでの補強状況を中心に紹介していきます。

スポンサーリンク

オリックス・バファローズの2018・2019年の新外国人補強

12/11現在の獲得状況

ジョーイ・メネセス選手

年齢:26歳
出身地:メキシコ
身長:191センチ
体重:100キロ
右投右打
内野手

オリックスが11/29今季フィリーズ傘下3Aマイナーでプレーしたジョーイ・メネセス選手の獲得を発表しました。

メネセス選手は今季3Aマイナーで打率311本塁打23本を記録し、インターナショナルリーグのMVPを獲得した強打者です。
来季の活躍に期待です。

1/19現在の獲得状況

タイラー・エップラー投手

年齢:26歳
身長:196センチ
体重:104キロ
右投右打
投手

オリックス・バファローズは1/15、前パイレーツのタイラー・エップラー投手の獲得を発表しました。

ポジションは先発投手としての獲得だそうです。

それでは今季の外国人選手の成績を紹介していきます。

ステフェン・ロメロ選手
2018年成績:119試合443打数105安打/打率237/本塁打25/打点63/盗塁7

ロメロ選手は来季3年契約の2年目となり、すでに残留が決定しています。
来日から2年連続で20本塁打以上を放つ等、来季もパンチ力のあるバッティングに期待です。

クリス・マレーロ選手
2018年成績:68試合219打数44安打/打率201/本塁打11/打点26/盗塁1

マレーロ選手の去就に関しては、残留が濃厚となっています。
来季の活躍に期待です。

アンドリュー・アルバース投手
2018年成績:19試合114イニング/9勝2敗/防御率3.08/奪三振83

来日1年目から9勝を挙げる活躍でチームに貢献してくれたアルバース投手は来季契約延長となりました。
9勝というのももちろん素晴らしいですが、なんといってもたったの2敗のみという数字とこの防御率の低さも注目ですよね。

来季もこの安定感でチームを引っ張っていってほしいですね。

ブランドン・ディクソン投手
2018年成績:18試合99イニング/4勝6敗/防御率3.55/奪三振84

大きく曲がるナックルカーブが持ち味のディクソン投手ですが、今季はなかなか勝ち星に恵まれず苦しいシーズンとなりました。

2019年は2年契約の2年目となり、来季の巻き返しに期待です。

ドン・ローチ投手
2018年成績:11試合50回1/3イニング/2勝3敗/防御率5.01/奪三振19

2018年シーズン途中にチームに加入したローチ投手ですが、今季限りでの退団が濃厚だそうです。

オリックス・バファローズの2018・2019年の新外国人補強予想は?

外国人選手の補強に関しては1〜2人ぐらい補強するかもしれないですが、やはり注目は今季抜群の安定感を見せてくれたアルバース投手ですよね。

来季アルバース投手が二桁、そしてディクソン投手が再び二桁勝利を果たせば、西投手と金子投手が抜けた穴を埋めることができますし、今後加入する新外国人選手次第ではかなり厚みもでるのではないでしょうか。

オリックスがこのストーブリーグにどのような補強をしてくるのか注目が集まります。

オリックス・バファローズの2018・2019年のFA移籍

11月30日現在、FA権を行使した主な選手で埼玉西武ライオンズの浅村栄斗選手は東北楽天ゴールデンイーグルスへ同じチームの炭谷銀仁朗選手、広島カープの丸佳浩選手は巨人への移籍が決まりました。

そして残るはオリックスの西投手の去就ですが、先日誤報が出ていたものの今のところ阪神が優勢のようですね。

もちろんオリックスへの残留の道もあるので本当にどうなるかわかりませんが、後悔のない選択をしてほしいですね。

そしてFA移籍ではありませんが、今オフオリックスから金子千尋投手と中島裕之選手が自由契約となり、中島選手は巨人への入団が決定しました。

金子投手に関してはまだ入団先が決まっていませんが、まだまだ現役バリバリの投手なので近いうちにはどこか決まりそうですね。

スポンサーリンク

オリックス・バファローズの2018・2019年のFA移籍予想は?

予想に関しては西投手が残留なのか移籍なのかという所になりますが、大方の予想は移籍となっていますね。

長年頑張ったプロ野球選手としての権利なので行使することは仕方ないところですが、最近では糸井嘉男選手に続いてのFA権行使なのでファンにとっては寂しいですよね。

阪神に行くのか、それとも同リーグのソフトバンクかそれとも残留か、注目が集まります。

オリックス・バファローズの2018年のドラフト指名選手

  • 1位:太田椋/天理高校
    内野手
  • 2位:頓宮裕真/亜細亜大学
    捕手
  • 3位:荒西祐大/ホンダ熊本
    投手
  • 4位:富山凌雅/トヨタ自動車
    投手
  • 5位:宜保翔/未来沖縄高校
    内野手
  • 6位:左沢優/JX-ENEOS
    投手
  • 7位:中川圭太/東洋大学
    内野手
  • 育成1位:漆原大晟/新潟医療福祉大学
    投手

オリックス・バファローズの2018・2019補強は?新外国人やFAにドラフトもに関する記事一覧

オリックス・バファローズの2018・2019補強は?新外国人やFAにドラフトものまとめ

今回はオリックス・バファローズの2018年オフから2019年シーズンスタートにかけての補強状況を中心に紹介してきました。

ドラフトや助っ人外国人、国内FAで年々戦力に厚みが増してきたオリックスですが、なかなかBクラスから抜け出せないですね。

今年は即戦力となるドラフトルーキーも加入しているので、来季こそはAクラス入り、そして優勝へ向けて頑張ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。